So-net無料ブログ作成
第14回LaQ芸術祭応募作品 ブログトップ

ミサゴ(2012年12月分) [第14回LaQ芸術祭応募作品]

ゆうパパです。
12月のLaQ芸術祭月間優秀賞の発表がありました。
ゆうの12月の応募作品は「ミサゴ」、8月以来、久し振りの応募でした。
misago1.jpg
今回も入選はできず、カッコ良くできてはいるのですが、ちょっとインパクトに欠けるかなとは思います。

ミサゴ」は魚だけを餌にする猛禽類、多摩川で見かけた時は脚でガッチリ「ボラ」を捕らえていたこともありました。
misago_bora.jpg

それにしても、芸術祭の応募作品の数がすごいですね、入賞が難しいわけです。
今年の芸術祭、ゆうは尻すぼみの結果に終わりましたが、そろそろ「ジュニア部門」卒業なので、次は「一般部門」で入賞を目指して欲しいです。

今回の「ミサゴ」は自立しないので、ゆうパパの撮影が大変でした。
今までで一番大げさな仕掛け?での撮影でした。
satsuei.jpg

首の後ろと、尾羽の前の2ヶ所を細い糸でつっています。
翼は自重で反っているだけで、特に仕掛けはありません。
脚と尾羽の一部が後ろの壁に接触しているので、ひっくり返らずに済んでいます。
misago2.jpg


応募作品一覧でゆうミサゴ(Osprey)のすぐそばにオスプレイ?があるのは偶然?...ですかね。

モンハナシャコ(2012年8月分) [第14回LaQ芸術祭応募作品]

ゆうパパです。
8月のLaQ芸術祭月間優秀賞の発表がありました。
ゆうの8月の応募作品は「モンハナシャコ
今月は入賞は無理でしたが、難しいフォルムをよく形にできたと思います。
ただ、触覚の部分を赤色にできなかったのが、心残りだったようです。
monhana02.jpg
monhana01.jpg

今回の入賞作品の中で、ゆうのお気に入りはゆうや君の「ミツスイ」とてっくんくんさんの「獅子頭」だそうです。

実は、ゆうパパも初参戦しています。
また後日紹介させてください。

オオルリ・サンコウチョウ・キビタキ(2012年7月分) [第14回LaQ芸術祭応募作品]

ゆうパパです。

LaQ芸術祭月間優秀賞の発表がありました。

ゆうは今回アフリカウシガエル、で優秀賞に選んでいただいたのですが、もう一つの応募作品、オオルリ・サンコウチョウ・キビタキも紹介させていただきます。

ヒタキの仲間の夏鳥を作ってみました。
オオルリはこい青色、サンコウチョウは長い尾羽、
キビタキは黄色いもようが特徴です。

birds3.jpg
サンコウチョウの尾羽を全部入れて、写真をとるのが難しかったです。ピンぼけ写真になっています。

今回しゅうくんしゅうくんとやっくんのおとうさんはPaxで挑戦されました。すぐにでも商品化できるほどの完成度だと思います。
Paxも面白いなとは思うのですが...なにせ高い。作品を作れるほど買えないナー。

アフリカウシガエル(2012年7月分) [第14回LaQ芸術祭応募作品]

ゆうパパです。

LaQ芸術祭月間優秀賞の発表がありました。

中学生になってなかなか作成時間がとれないゆう、4月以来の応募でしたが、月間優秀賞に選んでいただくことができました。

今回の作品はではなくアフリカウシガエルNHKの「ダーウィンが来た!」で取り上げられていたから作ったのかな?と思ったのですが、前から作りたかったとのこと、不思議君の考えることは解りません。

最初に作ったのはこの形、一匹だけでした。
ushigaeru.jpg

口を大きく開いた形に変えたことと、色違い(リアルな色ではないですが)の一匹を追加したことで、動きのある作品になったと思います。
ookinakuchi.jpg

ジュニア部門の入賞作の中では「1年1組 しょうた」さんの「ベニコンゴウインコ」がすごいです。ゆうも刺激を受けているのではないでしょうか。
飛行機好きのゆうパパとしては「とも」さんの「takeoff」が好きです。LaQフェスタの時に泊まった奈良ロイヤルホテルのロビーに飾ってあった「T-4」の模型を思い出しました。

一般部門の「たんぽぽ」さんの「ブレーメンの音楽隊」はゆうが一度は断念したテーマなので、やられたって感じです。
「YASU」さんの「アブラゼミの羽化」は凄すぎてコメントしようがありません。

ヤマセミ(2012年4月分) [第14回LaQ芸術祭応募作品]

お久しぶりです、ゆうママです。

入学式が終わったと思ったら、もうGWも終わってしまいました。
1日1日が飛ぶように過ぎていきます。
この勢いで歳を取ったら大変だわ~~~(^_^;)

そんな中、GWはゆうパパの実家(広島県)へ家族で帰省していました。
ゆうパパの弟も四国から帰ってきていて、久しぶりにわいわい賑やかに過ごしました。

ゆうの従弟(小1、福くんにそっくりw)がLaQを持ってきていたので、
6歳違いのいとこ同士あれこれ楽しそうに作っていました。
歳も離れているし年に2回程しか会えないけれど・・・
血が繋がっているせいか、とっても仲良しなんです。


LaQ芸術祭月間優秀賞の発表はtwitterで知りました。

今月も入選\(^O^)/
2月から3ヶ月連続です。

中学生になって自由時間がめっきり減ってしまい、
作品を作る時間もなかなか取れないようです。
でも、今日の発表を見て「また作らなきゃ-!」と言っていました。
よい息抜きになっているようです♪

yamasemi1.jpg
「ヤマセミ」
鳥が好きなゆうらしい作品です。

ごまだら模様のせいか、写真を撮るのが難しかったようです。
何枚撮っても冠羽が上手く写らなかったみたいで、
ゆうパパカメラマンはとっても苦労したとか(^_^)

シーサー(2012年3月分) [第14回LaQ芸術祭応募作品]

ゆうパパです。

3月のLaQ芸術祭月間優秀賞、発表は来週と思っていましたが、早々と発表されていました。
ゆうの「シーサー」が入選しました。詳しくはこちら
seesaa.jpg
今も残る本棚の上のシーサーたち

いつもは思いついた物をすぐ作る(すぐ壊して次を作る)のですが、今回はチョット違いました。
・まずお題をを決めて(「LaQファイナル王座決定戦」の影響か?)・・・「シーサーを作ろう」
・資料を集めて・・・ゆうママがネットで探した写真を印刷してくれました
・イメージが浮かばないのでスケッチを描いて
sitae.jpg
・それから作成開始(頭の部分は先に作り始めていましたが)
黄色のパーツが足りなくなったりして結局三、四日かけて完成させました。(センザンコウは着想から完成まで2時間くらいでしたが。)

首の部分をくっつけるのに苦労していたようです。
kubi.jpg

炎のような毛並みのイメージを良く表現できていると思います。
今の時点で現物が残っていることは珍しいです。最近は少し創作意欲が減退しているような...

今回の入選作の中では、ゆうパパもゆうママも、たっくんLAQで習字が好きです。特に3枚組の写真でみるとすごくいいです。

2012年2月分 [第14回LaQ芸術祭応募作品]

ゆうママです。

今週金曜日はゆうの卒業式。
そして、土曜日はLaQ芸術祭の授賞式。
関東から奈良へ家族でお泊まりですo(^-^)o

楽しいコトの前はあれやこれや忙しく・・・
毎日バタバタと過ごしています。

そんな中、ふとLaQのHPを見てみると、
2月の月間優秀賞が発表されていました。

ゆうの「センザンコウ」が入選です♪
DSC_2079.jpg

詳しくはこちら

いつもは3作品応募するのですが、
2月はこの作品だけの応募でした。

地味(?)だけど、よくできていると思います~(親ばか(^^ゞ
アルマジロやダンゴムシみたいにクルンとまるまります。
どうやって作ってあるのか、私にはサッパリわかりません・・・
第14回LaQ芸術祭応募作品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。